合格体験記

合格体験記5

4類/浪人/2017年度入学

勉強方法など一番重要なことは他の人のに書いてあると思うので、それなりに重要なことを書いておきます。というか、一番最後のだけでも見てください。 一つは得意科目を作ること、さらに言えば化学を得意にしておくことです。合格最低点が400点近辺、率にして5割強で合格できる東工大入試において、一科目でも7、8割取ることができれば十分に他の受験生と差をつけられるでしょう。そんな中で化学を推す理由は二つあります。一つ目は、勉強の難易度が比較的簡単なことです。解法の原理やら現象への理解やらが必要とされる数学や物理と比べ、それぞれの単元ごとに細かく分かれている化学は、単元をまたがった問題が出しづらく、ワンパターンになりがちです。独学もしやすいので、得点源にするにはもってこいだと思います。もう一つの理由は、早稲田の得意科目選考とかに引っかかったりすることです。他の科目がダメでも意外と受かったりするので、お得です。 次に、目標点数を明確に決めすぎないことです。僕は現役時代、数学180点、英語70点、物理90点、化学110点で合計450点を目標にしていました。しかし、一科目目の数学で明らかにやらかし、目標点数に届かないであろうということをひきずり続け、結果落ちました。目標点数を決めるのはいいですが、それに縛られすぎては元も子もないし、そもそも試験内容の難化易化で容易に点数など変わります。ゆるーくいきましょう。 最後に、数学は徹底的に見直しをしましょう。絶対にどこかミスをしています。試験が終わってから気づいても遅いのです。 これを見たことで一点でも上がったら冥利に尽きます。頑張ってください。