合格体験記

合格体験記4

6類/浪人/2016年度入学

はじめに

私は、1年浪人して東工大に合格したのですが、個人に本当に合う勉強法は一人一人違うと思いますし、以下の内容の中にも参考にならない情報が多いかもしれませんので、勉強なり日々の生活の息抜き程度に、飲み物でも片手に眺めていただければ幸いです。

現役時代

私は「国語ができて他教科ももっとできれば東大目指したいんだけどなー」みたいな感じで第一志望が定まらずにいました。高2の終わりの頃から高3の始まりの頃に、やはり自分にはどうしても国語は無理だし他教科も東大レベルまで引き上げるのは相当困難だと思い、志望を自分が努力して何とか手が届きそうな東工大と早稲田理工、慶應理工に定めました。自分なりに受験勉強をしていたわけですが、3校とも模試の判定はだいたいC判定で、本番どれか一つでも受かればいいと思っていたのですが、結果全落ち。ほとんどA判定だった千葉大工学部(後期)は合格しましたが、これは辞退し、某予備校に通うことにしました。(東工大の敗因は明らかに数学の0完で、冬以降、数英に比べ遅れをとっていた物化メインに時間を割いて、数学は志望校の過去問くらいしかやらなかったのが原因かと思っています。)

春~夏

『臥薪嘗胆』という言葉を胸に、浪人生活を開始。現役の時に我流で勉強しようとしたのが敗因の1つだと思い、予備校の推奨する勉強法に素直に従うことにしました。(講義の予習をし、講義を受け、なるべくその日のうちに復習をするという単純なことでしたが。)春〜夏頃に扱っていた予備校のテキストは、数学なら青チャート、1対1対応レベルの基礎的な問題が多かったですが、基本からやり直すつもりで、簡単な問題も馬鹿にせず予習復習をしました。特に数学は入試結果を受けて苦手意識を持ったので、その意識を払拭できるまでやりこみました。そのおかげか、それとも高3の勉強の効果が浪人の春に現れたのかはわかりませんが、浪人中の模試の判定はほとんどAかBでした。(稀にCもありましたが)。

『臥薪嘗胆』とは言いましたが、秋以降は、センター対策、過去問対策、度重なる模試などからくる体の疲れにより、春〜夏期にこなしていた予習復習のサイクルは崩壊してしまいました。さらに、夏頃にA判定が出てしまい、秋以降の模試では偏差値が頭打ち状態になってしまい、勉強のモチベーションが下がり、春〜夏より散漫して、散歩したり談笑したりネットサーフィンしたりする時間が増えてしまいました。

センター後

センター利用入試を狙っていたため、センターの勉強は頑張りましたが、結果は思うようにいかなかったです。悔しかったので、センター後は現役時の反省を生かし、数学は「東大の理系数学25カ年」をひたすら解き、他教科も他大の過去問などを解いたりしました。この年度の後半にだらけたことによる不安に悩まされましたが、現役の時不合格だった大学にすべて合格することができました。東工大入試では、合格者最低点に大分差をつけることができました。入試後には友達と毎晩のように外食に行きました。美味しかったです。

浪人について

浪人はただひたすら辛いイメージがあるかもしれません。しかし、私は友達と勉強やそれ以外の話をしたり、散歩をしたり、予備校帰りに買い物をしたり、友人と食事にいったりと、何かと1年間楽しんでいました。ひたすら勉強をしろとおっしゃる方は多いと思いますが、現役生も浪人生も受験生活の中に憩いの場を見出すことも大切だと思います。

受験生へのアドバイス

  • 伸びる時期は人それぞれ
  • 模試の結果は気にしすぎることはないが、多少は気にして欲しい。逆にA判定でも油断しないで欲しい。(私は現浪とも模試の結果をほぼ入試にも反映させたが、もちろんA判定でも不合格になる人もいる。特に数学は本番何が起こるかわからない)
  • 英数の勉強は2日以上ブランクを空けない。これらの科目は間を開けると感覚が鈍る。(私は夏の模試で英語がとても良かったので、油断して勉強を疎かにしてしまい、夏が英語のピークとなってしまった。)

オススメの問題集ほか

東大の理系数学25カ年

近年の東工大数学は、東工大らしさが失われ、東大数学の劣化版になっているという声があります。

化学の新研究

付箋をはっておくと、モチベが上がります。

化学の新演習

これを極めるともう怖い問題はないらしいです。余裕のある人にオススメします。

他大の過去問(特に物理、英語)

物理の問題集は、入試問題独特のクセが都合よく省かれてることが多いので、他大の過去問で経験を積むことをオススメします。 英語は負荷をかけて勉強しないと伸びないです。超長文に慣れたいのなら、慶應文学部や一橋後期の過去問が、速読力を鍛えたいなら早慶全般の過去問がオススメです。